イギリスの銀行やら郵便やらがとても

金融の中心とは思えないもんさんです。
atm
この記事では、

イギリス国内での送金
の仕方について紹介します。




まず、前提として、

私はHSBCの普通預金口座(Bank Account)を持っています。

そして今回、英国内でHSBCから他の英国内の銀行に送金しました。



ここからは気になるポイントをまとめていきます!



①(HSBCでは)イギリス国内での送金には手数料はかかりません。

そもそも今回、イギリス国内での送金が必要になったのは、

日本からイギリスへの送金に12ポンドの手数料がかかり、

(今までは◯✖️信託銀行からは、かかりませんでしたがサービスの低下?)

大家さんに ”12ポンド足りてないよ〜” と言われ

こちらで不足分を送金することになりました。




②銀行の機械では小銭は使えない(お札のみ)!

今回、送金したい金額が12ポンド

そして、小銭は使えない。小銭のお釣りもないとなると、

銀行の機械では払えません。

そして、窓口で払えなくもなかったのですが、

バンクホリデーでたくさんの人でとても並んでいられませんでした。

*バンクホリデーとは日本でいう祝日のようなものです。



③スマホで送金。遅くても2時間以内に着金。

HSBCにはスマホアプリがあり、登録しておけば、

利用明細を見たり、送金したりが可能です。

送金には3つの情報が必要です。

受取人の名前、Sort Code、銀行口座番号、(Reference)

これらは、大家さん(受取人)に聞けば教えてもらえます。

私の場合、大家さんからreferenceには私の名前を入れるように

言われていますが、オプションです。

HSBCの場合、Move Money というところが送金画面です。

あとは、送金金額を入力、確認して、

パスワードを再度入力し、送金が完了します。


この記事が少しでも参考になれば嬉しいです!

それでは!