cq5dam.web.1280.1280

イギリス留学2年目にしてやっとこさ、

イギリスで銀行口座を開設したもんさんです。

この記事では、

イギリスでの銀行口座の開設方法

を紹介します。 

注意

この記事は、申請から1年以上滞在予定の留学生向けです。

まず、私が銀行口座を開設したのはHSBCです。



HSBCを選んだ理由

  • 周りの友達がHSBCで開設できたこと。
  • 開設費用維持費がかからないこと。

この二つが理由です。

多分、他の銀行でも、

例えば、ロイズやバークレイズでも開設できるのでしょうが、

オンラインや支店での説明がわかりやすかったことも含め

HSBCを選びました。



他のブログを読んでいると、

結構大変そうなことが書かれているのですが、

実際そうでもなかったってことをメモしておきます。


必要書類

必要な書類は以下の三つです。

パスポート
BRPカード
バンクレター


上二つはもちろん持っているでしょう。

バンクレターは大学のStudent Servicesで、

学生証を持っていけば、その場で紙切れ一枚を印刷してくれます。

それがバンクレターです。

名前や、在学証明、日本の住所、イギリスの住所を証明してくれる

万能な一枚
です。






あとは、スマホがあると便利だと思います。

その場で、携帯番号を確認したり、

銀行アプリの説明をしてくれたりするので

持って行きましょう!(フツー持っていくよねw)






銀行が忙しい時は、予約をしなければいけないと聞いていたのですが、

予約せず、訪れてみたら

”予約なんてしなくて大丈夫よ〜

ちょっと(30分ぐらい)待っててね〜”って言われ

待っていたら、担当の人がやってきました。

エントランス担当のお姉さんが

待たされていた私に、二回ほど忘れてないからね〜と声をかけてくれましたw




なので、一時間以上は時間があるときに銀行に行くことをお勧めします。




書類を確認して、

銀行員のおじさんが薦めてくれたのは

私が開設したいと思っていた普通口座(BANK Account)でした。

他にも、学生用などいろいろあるみたいですが、

日本から送金してもらって

普段デビットカードとして利用するだけなので、

普通口座にしました。

この口座には利子がつかないので、

必要ならSavings Account を普通口座を開設した後に

登録する必要があります。





他には、

イギリス国内の送金(Transfer)は無料。

両替のレートが旅行会社よりいい。

アプリで利用明細確認・送金が可能。


などなど…



正直、今まではマネパカードだけでなんとかなっていたのですが、

念のため作ってみたところ、最近活躍した次第です。

1年以上イギリスに滞在するなら持っておいて

損はないはずです。

この記事が参考になったら拍手ボタン👏をクリックしてもらえると嬉しいです。

それでは!

別の記事ではHSBC UKのモバイルバンキングや送金等について紹介しています!

こちらも参考に!👇