この記事では、

Woonbootmuseum - Houseboat Museum ハウスボート

Canal Cruise 運河クルーズ

を紹介します。



まずは、

Woonbootmuseum - Houseboat Museum 
ハウスボート


<公式ホームページ>


<開館日時>
火曜から日曜 10:00〜17:00
7、8月は月曜日も営業。

<通常料金>
4.5ユーロ

I amsterdam city card で入場可能。


アクセス


私の場合、トラムで最寄駅まで行き歩いて美術館まで行きました。



そもそもハウスボートとは、

名前の通り、ボートの中が生活できるように

キッチン、トイレ、お風呂、ベット、リビングなどが揃った

家のようなボートです。
IMG20180720104733
入り口はこんな感じ。
IMG20180720104111
こちらはハウスボートのリビング。

このハウスボートとはもう完全に観光スポットの一つですが、

そもそもは本当に人が住んでいたそうです。

周りには幾つものハウスボートがあり、

今も実際に人が住んでいます。

ハウスボートは税金やら、管理費などで、

大変お金がかかるため、

お金持ちの趣味でもあるみたいです。

IMG20180720104953
私もいつか欲しい〜なんて思ってしまいました。





次に、

Canal Cruise 運河クルーズ

上の写真で、右に写っているのが観光クルーズ船です。


<公式ホームページ>

<利用時間>
10:00〜18:00 (Blue Boat)

<通常料金>
17ユーロ

I amsterdam city card を持っていれば無料。

安いものなら、15ユーロからあるみたいです。



会社によって運営時間は異なるので、

詳しいことはわかりません。

私は I amsterdam city card を利用して、

運河クルーズに行きました。

まず、 I amsterdam city card を持っていても、

チケット売り場で、紙のチケットをもらう必要があります。

チケットを受け取れば、何時に乗らなければならないことはなく、

自分が好きな時にクルーズ船に乗ればいいそうです。

乗り場は以下の通り。




たくさんあるボートのどれに乗ればいいのか迷いましたが、

近くのスタッフに聞いたら教えてくれました。

チケットは乗船時にキャプテンに渡します。
アムステルダムクルーズ111703
中は結構新しく、綺麗でした。
アムステルダムクルーズ113744
屋根がないエリアは満席だったので、

その横あたりに座りました。ちょっと屋根が邪魔w
アムステルダムクルーズ123356
それでも十分、アムステルダムの風景を楽しむことができました。

友人によると、

ナイトクルーズも綺麗なのだとか。

是非利用してみてください。



それでは。



次の記事は…