monsansverige_intro
↑ 以前マルメに遊びに行った時の写真です。私の今いるニューカッスルから928km!



Hej allihopa!

Jag heter もんさん!

早速、最近覚えたスウェーデン語で挨拶してみたもんさんです。

前回の記事で軽く自己紹介をしたわけですが、

この留学ブログを今後見てもらう方にそもそも私がどういう経緯で、

スウェーデンに留学するのかを少し詳しく書いておこうかなと思います。

というのも、バックグラウンドが違えば、

自分にとっては全然参考にならないブログも結構あるというのは

私自身、留学ブログを読み漁って何度も経験しているからです。



もんさんのスウェーデン大学院留学とは?

まず私の留学の形式について説明しておこうと思います。

留学先は、ルンド大学(Lunds universitet)🇸🇪

そして、Sustainable Urban Design を専攻します。

あと、この留学は交換留学ではなく、

ルンド大学大学院の正規学生として2年間留学します。

なので、この時点で参考にするには少し前提条件が違う読者の方もいるかも…


もんさんの大学院留学までの経歴は?

留学するにあたって、これまた少し条件が異なるかと思うので記しておきます。

まず、日本生まれ日本育ち。親も日本人ですし、

両親とも日本で働いてますし、家族で海外に住んでた経験とかはありません。

また私が留学するまでは、

家族や親戚で留学している、経験のある人はいませんでした。



留学を意識し始めたのがハッキリいつからかは覚えていませんが、

高校の入学と同時ぐらいには本気で留学を意識し始め、

その頃から留学ジャーナルでカウンセリングを受け始めました。



そもそも私が留学先として漠然と考えていたのは、

スウェーデン🇸🇪でした。

ーーー

私が、スウェーデンという国に興味を持つキッカケになったのは、

家族と行ったIKEAでみたカラフルだけど優しい北欧家具・北欧デザインです。

その後、スウェーデンについてググりまくって、

スウェーデンノートとか作ってたこともあった気がする(笑)

(地球の歩き方風なのを書いてたw)

それで、惹かれていったのは、(デザインはもちろんですが、)

別に北欧ほっこり生活(よく聞くタイトル)とかではなく、

今となっては日本語でもよく聞くようになった

サステナビリティとか環境問題に対する姿勢や、

男女が本当に平等に働く社会(女性が工事現場にいるのも自然だとか)、

福祉制度が充実していること

でした。

(なぜ中学生で、そんなことに興味をもったのかイマイチ思い出せないけどw)

ーーー


しかし、もちろんスウェーデン語は喋れませんし、

英語も中学や高校で得意科目な方ではあるけれど、

ぺらぺらに話せるようなレベルではありませんでした。

(今もぺらぺらではないがw)

また、地元が岡山だったので、

東京など都会に住んでいれば少しは条件が違ったのかもしれませんが、

留学ジャーナル以外に頼れそうな留学エージェントは当時思い当たらなかったし、

留学ジャーナルでは(今は分かりませんが、)

北欧への大学正規留学はサポートできないということでした。

また、親とも話し合って、

英語は今まで勉強していて英会話教室も近くで選択肢があるけど、

一つも分からないスウェーデン語をその時から一から勉強して、

スウェーデン語で大学の授業を受け、卒業するなど無謀だと思って、

一度はスウェーデンへの留学を諦めることにしたという風に覚えてます。

それでも大学留学を諦める気はなく、

いろいろな過程を経て高校卒業後、イギリスに建築を勉強しに大学留学をし、

今に至ります。(まだニューカッスル大学卒業見込みですが。)




それから、イギリスに留学しても

スウェーデンにいつか行きたいという思いはずっとありました。

卒業後の進路を考え始めた時、帰国して就職かイギリスで就職かとも考えましたが、

大学2年の時に旅行で行ったスウェーデンにやっぱり住んでみたい、

一時帰国や日本でのインターンシップではいろいろ逆カルチャーショック、

大学の卒論や卒業制作で興味を持った分野をもっと大学院で深めたい!

もちろん今更留学に不安はそこまでなし(笑)

ということからスウェーデンへの大学院留学を本気で考え始めました。




また少しスウェーデンの大学院について調べて見ると、

英語で受けれる興味のある分野のコースもいくらかあり、

ほとんどの情報も英語で集められ、

ビザの手続きも、私の今の英語レベルなら、

エージェントなしでも自力でできそう!ということで、

大学院への出願、ビザ申請も自力です。




なので、日本の北欧留学エージェントなどは全く分かりません。

あと、日本の大学を卒業した場合、

英語のレベルを証明するもの(IELTSなど)が必要だと思うのですが、

私の場合、イギリスの大学を卒業するということで、

英語力の証明書類が必要なかった
ため、

IELTS等は今回の受験のためには受けていないので、

英語の勉強については、このブログでは触れていません。



ちなみに今はとにかくスウェーデン語を勉強してます。

私は、まだ全くスウェーデン語は喋れないので(笑)

スウェーデンは英語でも全然生活に問題はないそうですが、

地元の方とスウェーデン語でコミュニケーションが取れるように頑張ろうと思ってます。

またスウェーデンでの就職も考えているので、

そのためにも、スウェーデン語をマスターしたいと思っています。




私の経歴はざっくりこんな感じです。

日本の大学を卒業してから大学院で留学する方など、

とはまた条件が異なると思い、いろいろ長々と書いてしまいました(笑)

また、留学と言っても、最近は特に留学の形は様々なので、

私の留学について明確にしておきました。

このブログを読んでもらうにあたって、

参考にしてもらえばと思います!それでは!

Hej då 👋☺️