blueberry on street
全然関係ないけど、道に普通に実がついているブルーベリー。笑


思いがけず授業が早く終わり、のんびりしているもんさんです。

 今日は、久々の対面授業でした!

去年にも、2回ほど屋内の対面授業がありましたが、

フィールドワーク先でのイレギュラーなもので、

大学での授業という意味では、

ニューカッスル大学以来、

(2020年の3月上旬ぶりだから、、)

1年半ぶりの対面授業でした〜



こんなにもオンラインの授業が続くと、

むしろ対面の方が違和感があった(笑)

ちなみに、対面での授業になると告げられたのが、

日曜日の21時で、授業は月曜日の13時15分からでした。

正直、レクチャーのみの月曜日は朝がゆっくりでもいいや、

そんなに着替えたり、準備しなくてもなんとかなるや、と思っていたところに、

突然、次の日の授業が対面だと、日曜日の夜に言われると、

ちょっと憂鬱になりました😩

ーーー

スウェーデンの授業が15分から始まるのは、

なんだったか理由は聞いたけど忘れましたが、

文化的なものです。

「we gonna start at a quater past one sharp.」って

いう教授がいるんですが、

sharp って言われると最初は1時ぴったりなのか

1時15分なのか戸惑いましたが、どうも15分ということでした(笑)

ーーー

しかも今日の授業のゲストは、

はるばる?コペンハーゲンから来ており、

(はるばるって感覚はないけど、国境超えてる〜)

大丈夫なの?っと多少は思いましたが、

授業の内容は、対面で聞けて良いものでした。



それに、そのゲストの経歴が面白く、

そもそもは映像を専門にしていて、

そのスキルを活かして、まちづくりに携わっていて、

一般的な建築士より、かなり詳しく都市のことを知っているなぁと思いました。



あと、まちづくりに携わる方法はいろいろあるなぁとも思ったり。と、


つい、授業を受けながら、自分の進路について考えてしまう…

朝から、「日本と欧米の経済回復に格差」みたいなニュースを見てしまい、

さらにロンドンで楽しそうな彼氏の様子から、

イギリスで就活しようかなと思ったり。

でもSkilled Worker ビザは厳しそうだし、、と、

まだなんとも思い切れないもんさんでした。

それでは。