私のコース(Sustainable Urban Design)では、

デザインのメインのコースと選択授業を選べるというのは、

前の記事でも書きましたが、

選択授業では、都市マネジメントを勉強しています。

都市マネジメントの中には、地権者とのやりとりや、

政策の仕組みや良し悪しについてなども含まれます。

なので、デザインだけではなく、都市をあるべき姿に変えていくための、

実現可能なアプローチやプロセスも勉強しています。



昨日の授業では、

スウェーデンの建築家 クリステル・ラーション(Christer Larsson)が

レクチャーをしてくれました!

色々と街づくりにおいて活動している方ですが、

代表的なのは、スウェーデンのマルメという都市にある「BO01」という

都市デザインと建築の実験的なプロジェクトを率いた人です。

スウェーデン人は「ボノレット」と呼んでます。

このプロジェクトの中を歩けば、

都市デザインや、まちづくりの面白さ、

パブリックスペースとヒューマンスケールが分かると思います👏
IMG20200924112507
IMG20200924132351
横に少し見えているのが、北欧で一番高い高層ビル「Turning Torso」です。
IMG20200924110024
この写真は去年のもので、途中、天気が悪かったのと、

お昼の住宅街で、住人の方はあまり見えませんでしたが、

ディテールまでデザインされたまちづくりが分かると思います。

最初は、授業で、このプロジェクトばかり紹介されて、

またかよ!って思ってしまっていましたが、

勉強していくうちに、このプロジェクトの良さ、

アイデアがたくさん詰まっていることが理解できてきました。

もちろん完璧なプロジェクトとも言えませんが。

このプロジェクトの凄いところは、

このプロジェクトは2001年に出来ているので、

20年経った今でも、古いと思わせないところだと思います。

これぞサステナブルというんだろうなぁと思ってます。

コペンハーゲンからマルメは近いので、ぜひ訪れてほしい場所です。



で、その、すごいプロジェクトを率いたスウェーデンを代表する建築家が

授業をしてくれたわけです!

内容は、既に授業で何度も大事だと言われてることでしたが、

それでも20年以上前から、そのアイデアを持って活動してきた人の話は説得力が違いました。

日本でもこんなプロジェクトが出来たらいいのに!!!という思いがさらに増したもんさんでした。






ーーーーーーーーー

話は変わりますが、、、

レクチャー、セミナー、グループワーク、チュートリアルが、

それぞれ何かという質問が読者(母)からあったので書いておきます🙂

レクチャーは、レクチャラー(教授だったりゲストだったり)がプレゼンテーションをしてくれ、

質問があればその場で質問もできます。

大体2、3時間ほどで、途中に10分ほど休憩を挟みます。

また大抵、授業のプレゼンテーションはPDFで後からもらえます。

教授や場合(大学)によっては録画もされて、後から見返せます。

(ニューカッスル大学では、コロナ前からです👏)



セミナーは、あらかじめいくつかの指定された本や資料を呼んで、

解釈や意見を交換する場です。私が苦手なのはコレ!😅

ちなみに、就活セミナーとかWebinarとかとは全然違います(笑)

自分の意見を言うことも、みんなの話を聞いて、意見するのが苦手なんです…

セミナーにも色々あるので、一概にもコレとは言えませんが、

簡単なプレゼンテーションをすることもあります。



で、私が、克服したな。と思えるのはグループワーク。

就活のグループワークはまた特殊だと思うので、それが余裕だとは言えませんが😅

グループワークは課題に向けて、リサーチやディスカッションをしながら、

複数人で最終的にデザインだったり、プレゼンをするものです。

グループワークで、意見を出すのは、課題を解決するという

目的と方向性がはっきりした話し合いなので、慣れてきたんだと思います。 

それに対して、セミナーは雑談形式なので、複数人での会話が苦手な私には苦痛です。



最後に、チュートリアルですが、

チュートリアルは、基本的に生徒、私自身が主体で、

デザインの課題であれば、今までの進捗と次に進む上で困っていることに対して

チューター(教授やサポートの先生)がアドバイスをくれる場です。

チュートリアルは、グループワークの時もあります。

チュートリアルも、グループワークと同じで、回数を重ねて、

慣れたのか、大学1年の時は本当にチュートリアルだけで緊張していましたが(笑)

今は、有効に使えるし、より良いアウトプットのために助かっています。




こんな感じですかね。それでは!