fruit_street
写真は全然関係ありませんが、スウェーデンの道によく落ちているフルーツです。

これは青リンゴでした。たまに潰れて🤮🤮みたいになっていますが(笑)



デザインのコースで最後のグループワークが始まったもんさんです。

もう一つの授業では、まだグループワークが2回ありますが、

それを含めても、学校生活でのグループワークは残すところあと3つ!

もう苦手意識もないので大丈夫ですが、それでもカウントダウンしたくなる(笑)




今回のデザインの授業でのグループワークは、

またグループメンバーの変更があり、今回は3人のグループ。

で、このグループワークは今週の火曜日に始まったのですが、

そこで、課題に対する理解に食い違いがあり議論になりました…



まず、デザインのコースの1学期の流れを説明すると…

デザインのコースの1学期は、主に4つのフェーズに分かれていて、

第1フェーズ:さまざまなスケールでの分析(グループワーク)

第2フェーズ:分析+ビジョン+戦略決め(グループワーク)

第3フェーズ:マスタープランのデザイン(個人ワーク)

第4フェーズ:ディテールのデザイン(個人ワーク)

といった感じで、各フェーズごとにプレゼンを行います。

で、今は第2フェーズのグループワークが始まったところです。



つまり、第2フェーズのグループワークでは、

分析と、ビジョンと戦略を決めていかなければならず、

課題の説明書きには、前回のフェーズの分析を踏まえた、より詳細な分析、

そしてビジョンと戦略をプレゼンするように書かれていました。



この説明と今までのターム(1学期、2学期)の課題の流れからして、

私の解釈では、まず、前回のフェーズを見直した上で、

ビジョンを考え、そこからさらに必要な詳細な分析をして、

戦略を考えていくものだと思っていました。



しかし、他2人の解釈では、前回の分析フェーズを簡単にまとめるだけということでした。

この時点で、意見としてはマイノリティなのですが、

やっぱり今までの課題の流れと説明からして間違っていると思い、

他のクラスメイトにも聞いたのですが、

やはり私の解釈がマイノリティだと。。。




で、さすがに私が違うのかなぁとも思い、一度は賛成して、

前回の分析を簡単にまとめることにして、

作業を始めようと思ったんですが、まとめるってことは同じ作業をほぼ繰り返すだけ。

それは正直面倒だし(笑)意味ないだろって思い、

やっぱりやり方が間違ってるんじゃないかとグループメイトに話したところ、

話し方は優しかったけど、要は、そんなに違うと思うなら、

チューターにメールで聞いてみてと言われたので、メールで確認しました😩




で、結果は、私は間違っていなかった!!!😭😩😂🤯

いろんな感情が入り混じりました😂

マジョリティが間違えていて、散々説明した時間は何だったんだと😩

で、別にここまではイラッとしてないです🙂

話をちゃんとして、確認してよかったと。

で、翌日までにビジョンを話し合って、分析の方向性を決められるように、

各々で準備しておこうという話になりました。



で、翌日、学校に行くとグループメイトの1人が先に着いていて、

まぁなんとなく昨日はごめんねーというか、

足並み揃ったし、ビジョンのアイデアがまとまりそうだねーという話ができ、

今後の方向性も話して、いいアイデアが色々出たのですが、

もう1人は時間になっても現れず。

で、しばらく話していたら、15分ほど遅れて到着。

(別に遅刻はよくある事だから、そこまで気にしていられない…)




で、3人で話し合いを始め、さっきまで2人で話していたことを説明。

その後、その遅れてきた子は、

自分は昨日の話し合い(メールの前)の通り、プレゼンボードと地図を作り始めたと。

この時点で、

『いや、やり方変えるんだから、それがそのまま使えるとも思わないけどなぁ。』

と心の中で思いながら、うなずいていたら、私に向かってその子が、

「話について来てる?どう思う?」と聞かれて。。。


「うーん、まだ私はプレゼンボードは考えてないかな、、

中身も決まらないと、レイアウトも決められないし、、」

とその場では答え、もう1人の子も賛成している様子…



でも、その時、

『いや、話について来てないのお前の方だと思うよ!!!!!!』

と心の中で叫びました🤯



もう最初の方向性が間違ってたの明らかじゃん!

え、それを理解してる?

そのレイアウトじゃこれからの分析内容と当てはまらないし!





と色々思いましたが、少なくとも、1人はやり方が初めは間違っていたけど、

それを認めて方向転換ができる素直な方でよかったです🙂




自分が間違っていたのに、それを認められない、

そして尚も私が話し合いについていけてないみたいな立場にしようとする

グループメイトに本当にイラッとしました🤯🤯🤯🤯🤯




こういう人とは、一緒に仕事やプロジェクトをしたくないなぁと思ってしまったもんさんでした☹️

あまり気分良く終われない話ですが、、こんな事がありました〜

それでは!