IMG20180611170048
旅行楽しかったなぁ↑記事とは関係ありません。




少し前の記事の続きで、お引越しに関する話。

水道代の支払いやら、BBC TV Licenseやら、

入居して最初にやらなきゃいけない手続きの一つが

Council Tax (地方税?)の 免除申請!!

タイトルにCouncil Taxって何。って書いたけど、

未だに何なのかよくわかってない…

とにかく引っ越してきた途端に請求されるやつ。

しかも割と高額だからすっごい焦った。

なんでこうもたくさん家に請求書ばっか届くわけ。
Screen Shot 2018-06-13 at 16.21.35
でも、

フルタイムの学生はこの税金の支払いは免除されるから大丈夫!

ただ私は学生なので払いません!ってことを申請しなきゃいけません



もしかすると、大学の運営する学生寮に住んでいる場合、

申請の必要はないのかもしれません。




こちらのイギリス政府のサイトでApply for an excemptionってのをクリックして

申請すれば問題ありません。

住所、郵便番号を入力し、

手順に沿って申し込めば大丈夫。




なのですが、、、

私の場合、二人でフラットをシェアしていて、

私の学校の方が早く始まるため、

一人で入居。

しかし、この免除の申請では

住み始めてからすぐ(割と短い期間内に)

一世帯に何人住んでいるか申告しなければならず、

何人が学生であるかを伝え、学生である場合

学校からCouncil Taxの免除のための在籍証明書をもらわなければならず、

それが自分の分しかないので困りました。




とにかく、今は私しか住んでいないんだから

申告することは間違えていないと考え、

住人1、学生1で、自分の書類だけ送信。

と思ったが、なぜか最後の完了ページだけが固まって動かない。

本当に何もスムーズにいかない…

結局、大家さんに連絡し事情を伝えると、

代わりにどうにかするから大丈夫!と返信が。

大家さんはTheキャリアウーマンって感じでキビキビした方で

イギリス人じゃないのかなとか思ってしまいましたw






ただ後で何か言われたら困ると思い、

地方のカウンシルタックスを管理しているところに

メールで連絡してみました。

結果はまぁ返信もなく、

他のことで忙しくしていると、

今度は一人分の請求書が。




私の分はとにかく免除されたんだと確認しました笑




もう一人分も引っ越してから申請すれば、

請求書も来なくなり一件落着。





外国だから、というよりも

日本にいるときは税金を払ったり光熱費などを管理することは

すべて親がやってくれていたわけで

初めてのことばかりで焦ってしまいました。

適当にして多額の請求書が送られてきても困るし。

自分の英語力を疑いながら

とにかくバタバタ、ハラハラした引っ越しでした。



最後に残った引っ越しの仕事はBroadbandの契約。

また別の記事で紹介します!それでは!