IMG_1477
これは2年前の夏に台湾、九份に行った時の写真。ジブリ感半端ない!
また行きたい!!



この夏、二週間、中国・北京、山西に旅行してきます!

旅行記ももちろん書きたいと思っているのですが、

その前に私の中で、イギリスに限らず、留学すると

中国について考えが変わったな

ってことを紹介したいと思います。

これは留学生あるあるでもないかと思います。

イギリスには限りません!

またこれから留学する人には少し知っていてほしいなって思います!

(私は留学するまで正直それほど関心もなかったし、知らないことばかりでした…)






この記事では決して私の政治的意見を書くわけではありませんし、

何が正解だ、何かを否定するといった内容ではありません!!!






①中国人留学生めっちゃ多いwww



はい、もちろんですけど。分かってはいたけど、多すぎない?!ってこと。

これは特に正規留学生の話。

むしろ語学学校に中国人少なくて、日本人多いw

もちろん、人口の母体が違うのでそりゃ多いんですけど、

それにしても多い!

私の留学1年目はオクスフォードでさえ、

正規留学目指しているファウンデーションの日本人学生は学校に一人。

毎年、一人いたら珍しいぐらいだそう。

私の学校はEFではなかったので、そちらの方が多いかも。


余談ですが、

日本人とばかりつるんでたら留学している意味はないですけど、

何か困ったり、ストレスのあるときにその場で話せたり、

頼りにできる日本人がいたほうがストレスを抱え込まなくてよかったのかなって

個人的には思いました。

もちろん、オクスフォードで大学生や大学院生の方にも出会いましたし

いろいろ教えてもらいお世話になりました(感謝してます!)が、

やっぱりやっていることも目指していることも違うので、

共通話題がある人がいるとよかったかもって思いました。

なんてったって他の国の子って大抵同じ出身国の子がいるんだもん。

結構それだけでも寂しい…

まあ居たらいたで、トラブルがあるとも聞きますが(笑)


②それで中国人の友達増える。

なんか私の中で友達と言える友達、中国人、韓国人、タイ人ぐらい?笑

アジア人しかいない…

ちなみに日本人の友達は今年一人。



特にファウンデーションの時はイギリス人はいなかったし、

今年も、学校で話すけど、遊ぶってほどではない。

イギリス人と付き合おうと思ったら、飲まなきゃいけないから

別にいいかなって感じ。

クラブとかもう行きたくないしw

なおかつ、アジア人の方が話しやすい。

ノンネイティヴだからってのはもちろんあるだろうけど、

面白いって思えることが同じってのが一番大きい。

正直、叫んで騒いでウェイ!!!!!!!!!!!みたいなやつらと

一緒にやっていけないでしょ。

日本人のウェイなんて可愛い。

教室で叫んでるクレイジーやばい。

イギリス人みんながそうではないけど、

むしろ静かなイギリス人の方とはどう付き合えばいいのか摑みどころもない…

↑↑これに関しては私がコミュ障なのも大きいですが、、



③そして中国の地理に少し詳しくなる。

これまた私に知識があまりなかったこともありますが、

今では、

北京、大連、山西、山東、四川、上海、海南、広東、

台湾、香港、マカオ…(順不同)


今思いついたぐらいでこれぐらい色々な地域に友達ができました。


そして中国人は結構出身地が同じってだけで

かなり仲良くなるみたいです。


④台湾、香港は中国なのかどうなのか問題。

これが私の中で、複雑なポイント。

そしてこの記事のタイトルでも言った通り、

やっと堂々と "I've been to China."って言えるって言ったことに関係してます。

そもそもこの2つの地域を並べるだけでも何か批判されそうですが…



これはどういうことかというと、

留学生あるあるだと思うのですが、

話を膨らますために、(出身地)来たことある?(Have you been to ...?)

っていうことはよく言うんです。



中国来たことある?って聞かれたら、

大抵、maybe...I've been to Taiwan.って濁しちゃいます。

私は台湾にしか旅行したことないので。
IMG_1568
↑家族で行きました!三人写ってる写真これくらいw



そして台湾に旅行した話をすると、

台湾の子にはそりゃ台湾で、中国には行ったことないんだねって言われ、

中国本土の子にはそりゃ中国に行ったって言えるよって言われます。



また、where are you from?

っていう教科書の最初に載ってそうな質問をすると、

香港の子は I'm from Chinaとは言いません。(私の知る限りでは)



これは複雑な歴史背景で

何が正しいとか間違ってるってことではないし、

彼らも決して政治的な議論を好んでしようとするわけではないのですが、

側から見たら皆中国人な気がするんですけど、

かなり意識しているんだと感じました。



パスポートやそれらの地域を行き来する待遇もそれぞれ違うので、

何とも言えませんが。


ただ日本に住んでいて中国人と話す機会なんてほとんどなかったし、

そもそもイギリスに留学して

こんなにも中国について考えることは想像もしていませんでした笑


そして今回中国の首都、北京に行くので

堂々と中国に行ったことがあると言えるようになります!!




⑤若い子でも歴史(特に戦争の話)に興味がある。

④とも関係しますが、歴史背景に関心があります。

一番印象的だったのは、

クラスメイトにふと、南京事件って日本人は学校で習うの?って聞かれたこと。

もちろん、名前は知っていたけど一瞬何が起こったんだっけって考えてしまった。

その子曰く、やっぱりおじいちゃんおばあちゃん世代だと

日本人を今でも恨んでいたり、嫌っていたりするそう。

そりゃもちろんいて当たり前だと思う。



ある子はおじいちゃんに日本人とは友達になるなって言われたそうな…仲良いけど(笑)



ただ、同世代の子は恨んでいるとか嫌っているわけではなく、

歴史に関する教育を受けているし、

関心があり、自分の意見を持っているってこと。

またその子は、もしかしたら自分の習ったことは間違ってて、

もしくは日本では違うように教えられているんではないかと興味を持ったそう。

17歳にしてすごいなって思った。

専攻は数学とか何かで歴史大好きって感じでもない子だったし。



ただその時にあまりに自分に意見もなければ、そもそも知識も浅い。

歴史についてもう一度勉強したほうがいいなって思った。




ただイギリスに来て今まで、

日本人だからといって中国人に毛嫌いされたことは一度もないし、

むしろみんな優しい!!

オタクってことではなく、

アニメ(クレヨンしんちゃんとかドラえもん)もよく知ってるし、

むしろ進撃の巨人とか話されてもこっちがわかんないしwwww



ドラマも日本のを中国語字幕で見るそうです。

中国のお勧めドラマ聞いてもない!!としか言われませんがw


そもそもよく喋るんだろうし、勢いに押されるけど

一緒にいて楽しい!

今回は二週間で北京、山西を回るわけだけど、

次はまた友達の出身地を巡るような旅ができたらいいなってすでに思ってます。

まだ旅行はこれからなのにwww

自分で稼げるようになってからかな?笑



何か言い忘れてる感じとまとまってない感じがとてもするんだけど、

今回は、ここまで(笑)



しばらく、ブログを更新しませんが、

(旅行中は旅行に集中!!)

また北京、山西旅行もブログで紹介したいと思います!

それでは!!